連絡先のご案内

かつらや用品の
オンラインショッピング

カード各種

かつらのテープ装着は何日もつか?

さて、今年も夏がやってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
最近涼しい日が続いておりますが、今年は節電ありきという状況なので、電力状況を考えますと涼しいのも、何より!と思ったりもします。

そして、表題のかつらテープですが、、この時期に会員様や初めての方に必ず聞かれるのが、
「テープはつけっ放しで何日もちますか?」という質問です。
やはり、この季節、海や山などのレジャーや外出の機会が多くなり、その間はつけっ放しで過ごしていたい・・・というお客様が増えるからです。

もちろん、個人差がありますので一概には言えませんが、数日から2週間近くと説明しています。
当店のノーマルテープでも「すごく強いですねー」とか「この程度では弱いですね」等と、人によってかなり意見が分かれます。
しかし、この季節の定番テープは「強力テープ」ですね。強さと安定感を併せ持った安全性の高いテープですので、イベントの時の必需品と言えます。

かつらテープ

かつら用のテープですが、大きく分けて2種類「基材あり」と「基材なし」になります。
「基材あり」とは、両面テープの中心に芯となる、薄い素材がありまして、その裏表にノリが付いています。
「基材なし」とは、芯が無く、接着剤を薄く平らに伸ばして、テープ状にしたものです。
それぞれに特徴があり、好みも人によって分かれます。

テープの強さとは、ズバリ「ノリ」の強さに他ならないのですが、上記の基材のありなしで、装着感が変わってきます。
「基材なし」のテープは、連続使用していると体温や汗で、テープ自体が緩んできます。つまり、ぐにゃぐにゃ変形してテープではなくて、ベトベトの物質状態になります。基材なしを好む人は、この「ネバネバ・ベトベト」感が気に入っているようで、これにより強さが長持ちすると言います。
一方「基材なし」では、芯があるので、テープ自体は変形せずに、ノリの状態も多少の緩みは出ますが、あまり変形しません。強さもあり、お手入れが簡単なので、当店では「基材あり」のみ採用しています。

どちらのかつらテープも一長一短ありますが、テープや接着剤にあまり慣れていない人は、「基材あり」」をおススメします。

大きく違うのは、お手入れだからです。「基材なし」のネバネバは一旦、かつらやご自分の髪の毛についてしまうと、除去するのが非常に大変です。また、かつらベースのメッシュの網目に入ってしまうと、きれいに除去する事は非常に難しく、そのままにして使用するしかありません
無理にノリをはがそうとすると、ベースにダメージを与えたり、髪の毛を抜いてしまったりします。

テープの連続装着を初めてする際には、事前にお試しをお奨めしております。
2日目、3日目、4日目等と普段の時に状態を確認して、どれ位の期間でどうなるのかを把握しておく事は、非常に重要です。つけっ放しでシャワーを浴びるとどうなるか?ノリが弱くなるのは何日目か?などを、まずは一度体験しておくべきです。
そして、イベント本番には思いっきり「夏」を満喫して下さい。

福井

≫かつらオンラインTOPへ

ページの先頭へ戻る