連絡先のご案内

かつらや用品の
オンラインショッピング

カード各種

かつらが1台80万円!(アデランス、アートネイチャーの決算)

少し前の話ですが、かつらの大手メーカー2社の上半期決算報告が、ニュースで出ていました。

・アデランスの2010年2月期上半期の連結決算(09年3月1日~8月31日)は、売上高が前年同期比15.7%減の304億400万円、営業損失が1億8600万円(前年同期は10億8000万円の黒字)、経常損失が8900万円(同13億2700万円の黒字)

・アートネイチャーの2010年3月期上半期の連結決算(09年4月1日~9月30日)は、売上高が前年同期比6.9%減の138億1600万円、営業利益は同59%減の5億7400万円、経常利益は同66.5%減の5億2800万円だった。

細かい数は抜きにすると、2社とも売り上げや利益共に、大幅に落ちているという事ですね。
今までは、右肩上がりだったこの業界も、今後は方向転換を迫られそうですね。

当然、私も身を置いているカツラの業界ですので、記事にもありましたが「特に男性の顧客離れが進んでいる」等は、非常に気になりますし、影響もあるかと思います。
実は、「特に男性の・・・」という傾向は数年前からありまして、それが目立たなかったのは、女性用の「ウィッグ」の販売が伸びていたからなのです。医療用かつらや、展示会でのカツラの販売等々・・・ここ数年の女性ウィッグの伸びは目覚ましいものがありました。
「第2次女性ウィッグのブーム到来か?」と業界では言われるくらいでした。
(ちなみに第1次は昭和40年代でした)
しかし、その頼みの綱の女性用のカツラも売り上げは低迷しているようです。

このニュースで驚いたのは、「高いもので80万円するかつらが・・・」と、記事の冒頭に書かれていた事です。
以前は、高いもので70万円だったのですが、いつの間にか10万円も金額が上がっているのです!!

これでは、メーカーからというより、業界からお客様がいなくなっていくのも仕方が無いような気がします。

もちろん、全てこの金額で販売している訳でもないので、平均は50~60万円と言ったところでしょうが・・・
それにしても高いですよね・・・。

今後は低価格で無理なく続けられて、自然さや品質はもっと向上するようにと業界自体が目指していければ、まだまだ需要は伸びるのではないか?そんな事を考えています。

*文中の記事はJ-castニュースから引用 http://www.j-cast.com/2009/11/30055058.html

福井

≫かつらオンラインTOPへ

ページの先頭へ戻る