連絡先のご案内

かつらや用品の
オンラインショッピング

カード各種

かつらはピン・テープ、どっち?

かつらが初めての方はもちろんの事、10年20年と使用されている方にも良く聞かれるのが、
「かつらはピン・テープどちらがいいの?」という事です。

それぞれ一長一短ありますが、なるべくわかりやすくご説明いたします。

まず、ピンとテープの違いは
・ピンはかつらの裏側ににワンタッチのストッパーが付いていて、残っている自毛にそのピンで固定します。
・テープ(接着剤含む)は、かつら自体には何も付いておらず、直接、かつらに両面テープを貼り付けて頭皮側に固定します。

 

「どちらがご自分に合うのか?」と言う質問も多いです。

ズバリ、横や後ろに毛が多ければピンで、少なければテープです!

そう、つまり毛の残っている面積によるのです。
(もっとも、好みであったり、カンタンにつけたいのでピンがいいとか、強力テープで付けて数日間そのままが良いという色々な意見もあります。)

 

 

かつらはピン・テープ、どっち?

 

 

下記にそれぞれのメリットデメリットを書いておきますので参考にして下さい。

 

 

・ピンについて
ピンの最大のメリットは「かんたんで面倒臭くない」です。

理由:
①ピン以外何も要らない。(ピンもかつらに付いている為、何も道具は要りません)
②かんたんに装着が出来る(慣れれば、鏡を見なくいで装着する人もいます)

向いている人:
①自毛がしっかり残っている人
②室内での生活がほとんどの人
③皮膚が弱く、テープなどでは荒れてしまう人

向かない人:
①自毛が薄く、毛自体も細い人
②Lサイズでも型が小さい人
③ピンの厚さが気になる人

 

かつらのピン

かつらに付けたピン

 

 

 

 

テープについて
テープの最大のメリットは「頭にぴったり強く密着する」です

理由:
①テープ自体が薄い為、かつらの浮いた感じがほとんどない
②強いテープを使用すれば、夏場でもしっかり装着が出来て、安定感がある

向いている人:
①自毛の無い範囲が広い人
②とにかく強くかつらを固定したい人
③アウトドアやスポーツなど盛んにする人

向かない人:
①自毛がしっかり残っている人
②肌の非常に弱い人
③細かい手作業が嫌いな人

 

かつらのテープ

かつらに付けたテープ

 

 

上記内容の他にも様々な理由や使用用途がありますが、代表的なものを挙げました。
かつら選びの際に参考にして下さい。

 

≫かつらオンラインTOPへ

ページの先頭へ戻る