連絡先のご案内

かつらや用品の
オンラインショッピング

カード各種

増毛の情報(増毛の費用について)

前回に引き続き、増毛についてのお話しです。

前回はかつらとは増え方の違う増毛・・・その増え方についてですが、どう増えるのかがお分かり頂けましたでしょうか?
この増え方を頭にイメージしていますと、もしも増毛のご契約等をされる際には、下手な営業トークなどに惑わされる事は無いのでは?と思います。

さて、その費用面ですが、増毛はズバリ「価格が高い」ですね。
これにはいくつか理由が挙げられます。

  1. 使い捨てである・・・*再利用できるメーカーもある
  2. 1本の単価が高い(15円~60円)
  3. 取付に別途料金がかかる(無料~25円)
  4. 再利用にも別途料金がかかる(10円~25円)・・・*出来るメーカーは限られる

大きくはこんなところでしょうか・・・
第一に増毛はかつらとは違い「使い捨て」という事ではないでしょうか?
仮に費用が高くても、耐久性が高ければそれなりの費用対効果が見込まれますが、増毛の場合はその価格に対して耐久性は低いです。

増毛の費用について

耐久性に関して
・使い捨て増毛の場合・・・
根元に増毛を結んでも、毛が伸びるので3カ月もすれば4cmほど上にあがります。
なので、それ以降は肝心の根元のボリュームが出ないので意味がありません。

そして、その費用は高いメーカーで1本50円~60円もします。
もともとは2本の毛を中央で折り返して、折り返し部分に取付用の小さな輪を作ります。
この輪を頂点として4本の毛が、ホウキの先のようにできます。これが4本というカウントになります。
例えば、この1セット(4本)を1本の自毛に取り付けると、1本(自毛)+4本(増毛)=合計5本
これで、「4本増毛しました!」となるわけです。

例えば1本50円だとすると、かける4本で・・・¥200円(昔はよく、たばこ1箱分と言っていました)
これを1時間繰り返して500本程度増毛するわけですが、1本50円計算で¥25,000(!)
そして、毎日自毛と一緒に抜けてしまう増毛は結構多くて、
更に、これが3カ月程度で、根元のボリュームは無くなる・・・
これらを考慮すると、人にもよりますが毎月1000本程度、使用しなければボリューム感は出ないと思います。金額にすると毎月5万円となります。

・再利用できるタイプ・・・
根元に結んで2~3か月後に根元に戻す作業を行ないます。この方法だと再び根元にボリュームが出ます。
しかし、作業の料金がかかるのと、作業後に自分の毛には「ストッパー」といわれる結び目ができます。
何度も再利用をすれば、その度にこの「ストッパー」ができます。
これが、ブラシやくしの引っかかりの原因となる場合もあります。

この再利用のできる増毛ですが、増毛自体の購入単価は1本あたり10円~20円と一見、安いのですが、取付時や再利用時の金額を合計すると、結局40円~60円程度になるので、結局は使い捨てと変わらない値段といえます。
但し、使い捨てに比べますと再利用時に新たな増毛を使用しないで済むので、その分はお得と言えますね。
以前、メーカー勤務の頃は、3カ月に1回来店して、10万円~20万円分の増毛を一気に取り付けるというお客様もいましたが、お金に余裕が無いと出来ない事ですね。

その反面、毎月100本や200本だけを取り付けて帰られるお客様は案外多いものでして、仲の良いお客様には「正直、増えてないと思いますが・・・?」等とお話しもしましたが、「別に増えなくてもいいんだよ。気休めだから・・・」と返答されるお客様の多かった事には当時ビックリするやら、ちょっとさみしいやらという感じでした。

最後にちょっとオマケですが、どこのメーカーでも増毛の説明時には、「大体、○千本くらいをベースにして、その後は○百本の補充をして・・・」等と言います。それ自体は間違っていないのですが、本当に目安だと思って下さい。なぜかと言うと、確たるものがあっての説明では無いですし、それを実施したからと言って思うような増毛のボリュームが出るとは限りませんので・・・そして、増毛でのボリュームを追求して、気が付いた時には高額で追加購入しなくてはならない・・・

もし、増毛をされる場合は、こんな事に注意して営業マンの話を聞いてみて下さい。

福井

≫かつらオンラインTOPへ

ページの先頭へ戻る