かつらの植毛作業

かつらのベースに植毛しています

こちらはかつらの工場で、実際のかつらに植毛をしている風景です

驚くべきは、その緻密さとスピードです。(特に男性かつらは緻密さを要求されます)
そのスピードは、手際の良い職人になりますと、まるで倍速の映像を見ているようです。

 

そんな彼女たち(かつらの工場は大抵、女性が8割~9割を占めています)にも弱点があります。
それは、”視力”です。 彼女たちの多くは10代後半や、二十歳そこそこでかつらの工場に入ります。
そして、大抵は2~3年で辞めてしまい、その後もやり続ける人は少ないと言います。

 

そんな中で頑張ってその後も働き続けても、30歳を超えた頃から視力が、悪くなってくるそうです。
その為、40代になっても50代になっても、現役でバリバリとかつらの植毛を行なっている人は、非常に少ないのです。

もっとも、工場を辞めて結婚して家庭に入った人も、実はその後に、かつら業界に復活するケースが多いのです。
それは、ズバリ内職です。
中国の各地にはそういった”かつらの内職”を盛んに行なっている場所が点在します。

 

自宅でかつらの植毛や、かつらの修理の注文を受けて植毛を行なっている人は、非常に多く存在します。
実は、現在のかつらの割と多くが、こうした内職の人達によって支えられています。

今すぐ注文

≫”かつらの品質を徹底管理”に戻る

≫かつらオンラインTOPへ