かつら(カツラ)の男性・女性用通販なら|かつらオンライン

RSS
連絡先のご案内

かつらや用品の
オンラインショッピング

カード各種

かつら10年目!痛みが激しい(広島県)

 

かつらはAN社で30年以上使っています。

今のが10年ぐらい使っているので、さすがに傷みが激しくなってきました。
本当は修理をしようとネットで探していたところ、御社を見つけて修理ではなく製品を注文にしました。

こちらでは、毛質、色、サイズ等を事前に確認できたところが良かったです、
また、実際のかつら見本を見ながら、自分の要望を伝えられたところも安心できました。

見本かつらも大体イメージ通りだったので、迷う事無く手続きを進められました。

 

その後、しばらくしてオーダーかつらが届きました。
早速、商品確認と合わせて仕上がり具合等確認しましたが、毛量と言い、カット具合と言い非常に良いですね。
とっても満足です。

 

ベースの素材が軽く、分け目を自由に変えられるところや、スキンネットの為、毛量を抑えられ自然な感じに見えます。(これが大きい!)

近々、スペア用としてもう一つ注文させていただこうと思いますので、その際はまたよろしくお願いします。

 

かつら10年目!痛みが激しい(広島県)

 

店長より

今回は、10年以上使用中で痛みでご注文の50代のお客様です。

かつらは10年に一度(!)買い替えるペースとの事です。

 

 

かつらの寿命について

「かつらはどれぐらいもちますか?」

本当によく聞かれる質問です。

 

毎日使う、1台だけ使う、2台を交互に使う、たまに使う、手荒に扱う、丁寧に扱う
・・・等々、挙げたらきりがない程、かつらの使い方は千差万別です。

それでも、極端な例を除けば、ある程度の平均は見えてきます。

 

1台で、ほぼ毎日使用すると

・・・

・・・

大体は、2~3年位ではないでしょうか?

 

 

 

 

これは、2~3年でかつらが駄目になるという訳では無く、買換えを検討する時期という事です。

通常、かつらは1~2年位使用すると、多少の脱毛や若干のベースの痛みが出てきます。
その時点で早めに修理をする場合は、上記の2~3年がさらに伸びる事になります。

 

では、多少の痛みで修理しない場合は?と言うと、そのまましばらく問題なく使用できます。ただ、3年を超えた辺りで痛みがだいぶ目立ち始めるので、買換えや修理を検討する事になります。

しかし、その時にあまりにもベースの状態が悪いと修理そのものが出来ない場合も有るので、注意が必要です。

 

かつらの購入価格にもよりますが、2~3年位で買い替えていくのが良いと思います。

 

 

なぜ、かつらは2~3年の買換えが良いのか?

これは、

「良い(自然な見た目)状態で、カンタンにお手入れする為」
だからなのです。

当店では、かつらは「耐久性のある消耗品」とお話ししています。

 

・新品でかつらをオーダーすると、初めは馴染みが悪いです。
これは当然で、毛の癖や毛の方向性、ベースの硬さなどが有るので、多少はしっくりきません。

・その後、数か月経ってくると、馴染みが増してきて良い感じになってきます。
1年が経つ頃には、もう自分の体の一部になって、メンテナンスも非常に簡単になっています。

・その後は、徐々にですが、抜け毛やベースの痛みが出始めて劣化する一方となります。

そして、その後をどうするかは、「修理する」「オーダーする」「そのまま使う」のどれかになります。

 

 

 

 

かつらは、上記に有るように「馴染みが良くベストな状態」と言うのは、案外短いものです。
馴染みが良くなればなるほど、経年劣化で反対に痛みが増してきます。

髪の毛は毎日抜けて、ネットは汗や脂で劣化、コーティング部分もひび割れの症状が出ます。

 

あまりに脱毛するとセットも大変で、見た目も悪くなります。
また、ベースが痛んでくるとシャンプーや装着の時も、これ以上壊れないように非常に気を使います。

やはり、毎日使用するものなので、良くない状態は避けたいものです。

 

もちろん、購入金額が数十万円というなら、
「なんとしてでも元を取る為に〇年間は使うぞっ!」というのもアリかな?と思います。

 

ただ、当店のように低価格であれば、比較的に買換えも容易です。
痛みが目立たない内に作り替えや修理をお勧めします。

どうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

お届け後、すぐに頂いたメールでは
「とっても満足です。」
「会わないので仕上がりが心配でしたが、カット具合もとても良いです。」
との事でした。

 

製品も気に入って頂きまして何よりです。
今後ともよろしくお願い致します。

感謝

福井 亮

≫かつらオンラインTOPへ

ページの先頭へ戻る