かつら(カツラ)の男性・女性用通販なら|かつらオンライン

RSS
連絡先のご案内

かつらや用品の
オンラインショッピング

カード各種

かつら使用歴30年、ピンのかつら(東京都)

 

かつらはAN社やT社で通算30年以上使っています。

前回作ったかつらは、とても私に合ってまして、初対面の人でもかつらとは気づかなく、最高のかつらでした。
ただ、長く使っていたので痛みがひどくなっていて、もっと安価で簡単に注文できるところを探していて、こちらを見つけました。

 

こちらは、ネット通販という事もあるのでしょうが、常に連絡が有り、事細かに説明して頂き安心が出来ました。
また、色々細かく詳しく書かないで、来店せずにかつらが出来るのが最高ですね。

 

私の場合は、妻が理容師なので少し長目に注文しました。
そして、出来上がった製品も少しカットしました。
頭にフィットしてよかったです。

今後使用して、困った事、聞きたい事があると思うので、その時は連絡しますので教えて下さいね。

 

 

店長より

今回は、かつらメーカー各社で30年以上ご使用されている70代のお客様です。

今の製品がかなり気に入っていたが、痛みでそろそろ買換えとの事です。

 

 

かつらのピン装着について

かつらの代表的な装着方法に”ピン”が有ります。
かつらの会社によっては、”ストッパー”、”留め具”、”クリップ”等と様々ですが、使用目的としては全て同じものです。

 

当店のかつら用ピンは←こちらをご覧下さい。

 

メーカーによっては、若干の形状の違いはあります。
・大きめの物、小さ目の物
・くし型の物、ツメ型の物
・接着剤でかつらに固定するもの
・糸で縫い付けてかつらの固定するもの
・取り外しが自分で出来るもの
と、様々です。

 

 

多くのお店やかつら会社で採用されているピンは、”かつらに糸で縫い付ける”タイプの”固定ピン”です。
これに対して、”自分で取り外しが出来る”タイプは移動ピンと言います。

当店では、”移動ピン”をご利用の方がほとんどです。

このピンは本当に便利で、ピンが壊れた場合もすぐに自分で交換できます。
そして、定期的にピンの場所をずらす事で、自毛への負担を軽減して脱毛を防ぎます。

 

良く聞かれる事で
「かつらをピンでとめて、外れませんか?」
と言う質問が有りますが、正しくとめていればかつらが外れる事はまずありません。
というか、聞いたことが有りません。
(頭を掴まれて引っ張られれば別です。ケンカはおすすめしません…)

 

それよりも、ピンの装着に慣れ過ぎて、同じ位置で強く装着してしまう事で自毛が抜けてしまうケースは多々あります。
要するに引っ張って装着して、過剰な負担が自毛にかかってしまうのです。

 

それ位、しっかり止められるピンですので、数カ月に一度は位置をずらして自毛を休ませるのは、脱毛防止に非常に効果的です。
移動ピンをまだ使われたことが無い場合は、ぜひお試しくださいませ。

 

 

かつらのピンの上手なとめ方について

女性はヘアピンで”髪の毛をとめる”、”髪の毛をまとめる”などが慣れていますので、初めての方でも比較的、上手にかつらを装着する事が出来ます。

ただ、男性の場合は、上記のような事を全くした事が無いので、初めてかつらのピンを使用する際には、ほとんどの方が出来ません・・・
まあ、出来ないと言うより、頭皮から1~2㎝浮いたように装着してしまうので、かつらが安定しないのです。
これでは、何か有ったら本当に簡単にかつらが取れてしまうかもしれません。

 

 

しかし、これは慣れの問題ですので、何度か練習すると何とかとまるようになります。
そして、数日から数週間経つ頃には、大抵の方が上手にとめられるようになっています。
更に、数年経つ頃には、強くとめすぎる方も現れてきて、上述のように自毛に少し負担がかかってしまっている方も出てきます。

かつら装着時に痛みを感じるようでしたら、強くとめ過ぎです。
ちょっとだけ、頭皮からかつらが離れるようなイメージでとめて、自毛への負担を減らすようにされた方が良いですね。

 

 

反対に、なかなかうまくとめられない場合は、以下の2つの方法をお試しして下さい。

その①:かつらの位置を決めたら
・片方の手でかつらをしっかり押さえる
・空いた片方の手でピンを開いて、自毛の根元付近の地肌にピンのクシをてる
・そのまま地肌から離さないようにクシで髪の毛をすくう
・かつらの上からピンを押さえてピンを閉じる

 

その②:かつらの位置を決めたら
・両方の手で左右のピンを開く
・左右のかつらを少し引っ張って、自毛の根元付近の地肌にピンのクシをてる
・そのまま地肌から離さないようにクシで髪の毛をすくう
・かつらの上からピンを押さえてピンを閉じる

 

要は、片手でピン操作を行なうか、両手で左右同時に行なうかの違いです。
どちらでも良いですが、初めの内は最初に紹介した”片手でピン操作を行なう”方法が、かつらの位置が安定するので良いかもしれません。

かつらのピン装着がうまく行かない場合は、お試しくださいませ。

 

 

白髪20%、前髪はさらりと流すスタイル

今回は脱毛範囲が広いとの事でLサイズにて作成となりました。
長さは7㎝~10㎝と少し短めで、毛量は90%で白髪を20%にて作成です。
奥様が理容師との事で少し長くして調整する予定との事でした。

お届け後のお電話では
「少し長いので、予定通り妻に調整してもらいます。」
「頭にフィットして良かったですよ。」
と言われていました。

 

製品も気に入って頂きまして何よりです。
今後ともよろしくお願い致します。

感謝

福井 亮

≫かつらオンラインTOPへ

ページの先頭へ戻る