かつらの洗い方

かつらの洗い方のコツはとにかく「優しく」洗う事です。

洗いすぎも良くないですが、汚れをためすぎると痛みます。季節や使用状況に応じて、適度にシャンプーして下さい。

(リンスやコンディショナーは毛絡み防止において必須です。)

 

濡らす前に軽くブラッシングをして、ほこりなどを落とし、毛のもつれをほぐします。次に、全体的に濡らして更に、軽い汚れを取ります水をまんべんなく、ワンズヘアーに行き渡らせます。洗面器にぬるま湯を入れてシャンプーをワンプッシュ手に取り、溶かします。

良く混ぜて、溶かします。溶かしたシャンプー剤の中に完全に浸けます。基本的にはこのまま浸け置き洗いです。 汚れのひどい時や、スタイリング剤を使用した時は軽くコームで、とかすと汚れが、良く落ちます。

5分から10分程経ったら、水で流します。コームを使って、軽くやさしくとかします。 リンスやコンディショナーをワンプッシュ。手に取ります。全体にまんべんなく、なじませます。シャンプーと同じく、浸け置きで浸しても良いです。

コームを使って、余分なリンス剤を落とします。 ヌルつきが、ある程度なくなるまで、すすぎます。 水気を切ったら、タオルで水分を取ります。少し厚手のタオルの方が、良く拭けます。

タオルでよく拭いたら、濡れている内にセットします。まだ濡れている内の方が、セットしやすいのです。 ドライヤーは20cmほど、離してあてて下さい。 裏面のベースも軽く風を当てます 髪の毛の根元が、乾きやすくなります。

少し生乾きの内に、セット台に乗せてとかします。ドライヤーを使って、セットしても良いです。こちらは組立式の、ウィッグスタンドです。主に自然乾燥と、軽いセットに使います。*使用するのは、水かぬるま湯にして下さい。

 

*濡れている時にとかす際は、丸い頭大の物に乗せてブラッシングするとやりやすいです。

上記画像ではかつらセット用の人形の頭につけてブラッシングします。
当店ではウィッグスタンドなども販売しておりますので、お試しください。

 

さて、一口にかつらの洗い方と言っても、皆さんやり方は千差万別です。

中には1年半に一度しか、かつらを洗わない方や毎日必ず洗う人など本当に色々いらっしゃいます。

一つの目安としては、自毛のシャンプーの頻度を参考にすると良いでしょう。
(もっとも、自毛の洗髪頻度も色々ですが…)

 

通常、洗髪は1週間に少なくとも2~3回はすると思います。
以前(30~40年前)は、1週間に1~2回ぐらいだったと記憶していますが、近年では毎日入浴して毎日洗う人が多いのではないでしょうか?

かつらシャンプーの頻度

 

そして、肝心のかつらの洗う頻度ですが、通常の季節で1週間に2~3回で、冬場の汗をあまり書かない時期なら1週間で1~2回ぐらいでも良いです。
反対に夏場の汗を多くかく時は、軽くすすぐ程度で毎日汚れを落とした方がいいですね。

 

かつらは毛は人毛や人工毛で出来ていて、ベース素材は全て人工的な素材になります。
ですので、人間の出す脂や汗などには弱いのです。

 

かつらが汗や脂で汚れてそのままにしていると、ベースネットの繊維やコーティングのポリウレタンは次第に素材変化を起こします。
それにより、素材が硬化や劣化したりします。

この様な状態が長く続くと急速にかつらの素材が傷んできます。
また、痛みだけではなく、嫌な臭いの原因にもなり、周囲の人に臭いが分かってしまったりもします。

1

実際にあまり洗わないお客様のかつらは、結構すごい臭いを発したりする事も有ります。

せっかくご自分が気に入って使用するかつらですので、「ちょっと良い匂い」がするような状態で使用されると良いですね。